スキューバダイビングのおすすめスポット について

沖縄本島北部のスキューバダイビングスポット,沖縄県 石垣島でスキューバダイビング,静岡 県 伊豆のスキューバダイビングシーズンと人気,沖縄本島のスキューバダイビングポイント,ライセンス(免許)取得までの流れ,スキューバダイビングのライセンス(免許),スキューバダイビングの(指導)団体,北海道のダイビングポイント,和歌山のスキューバポイント,広島のダイビングスポット,スキューバダイビングのおすすめスポット,最新情報を紹介しています。


最新記事

沖縄本島北部のスキューバダイビングスポット

大宜味村喜如嘉は那覇のような都市とは印象が違って、「沖縄の原風景」のような素朴さが感じられる地域だ。

沖縄本島北部は、ダイビングサービスの数は少ないが、ダイビングポイントは豊富で美しいサンゴ礁から、洞窟や豪快なドロップオフまでバリエーションが楽しめる。

北端の辺戸岬周辺の海中では同じ沖縄本島の中でも、手つかず感の溢れる海が楽しめるに違いない場所で、断崖絶壁が続く陸上と同じくらい豪快な海中景観を楽しむことができる場所だ。

ダイビングスタイルとしては、ボートダイビングで、ポイントによってドリフトで潜る場合もある。

こう聞くと中上級者向けと思う方も多いと思いるが、初級者向けのポイントも多いので心配する必要はないだろう。



沖縄県 石垣島でスキューバダイビング

基本的には一年中、シーズンを問わず潜る事ができ、水温も冬の間は17~19度くらいまで下がるのでドライスーツを着用した方がいいと思うが、寒さに強い方は5mmウエットスーツにフードベストでも大丈夫かと思う。

ただ、マンタを見たい人は、9月~11月に行った方が遭遇する確率が高いとおもう。


石垣島へは直行便がJTA(日本トランスオーシャン)とANK(エアーニッポン)から、東京、大阪からは関空と伊丹空港から、名古屋、福岡からも直行便が出ている。

所要時間は、だいたい2時間30分~3時間30分程。

直行便でなくても那覇や宮古を経由するコースもあり、那覇から石垣島までは1時間ほどで到着する。

那覇から飛行機で上空を飛んでいるとき見える沖縄の青い海や島々をゆっくり眺めてから、島入りしてスキューバダイビングを楽しむのもいいと思う。


【おすすめサイト】           

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

スキューバダイビングのおすすめスポットをMy Yahoo!で購読する
スキューバダイビングのおすすめスポットをGoogle readerで購読する
スキューバダイビングのおすすめスポットをlivedoor Readerで購読する
スキューバダイビングのおすすめスポットをはてなRSSで購読する

パーツ